Home > よくある質問

よくある質問

ロルフィングは痛いですか??

素肌に直接アプローチするので組織が滞っている場所は多少痛みが伴うかもしれません。ただ、個人的に無理に力を加えることが効果に直結すると考えていないので必要以上の痛みを伴うことはありません。関節をボキッとしたりすることもありません。

結合組織(筋膜)とは何ですか??

結合組織・筋膜は強く、しっかりした繊維のようなもの(下部リンク参照)で身体全体を支えています。コラーゲンとプロテオグリカンで主に構成されており、細胞、臓器、筋肉、骨をそれぞれバラバラにならないように支えています。健康的な結合組織は柔軟性・伸張性・弾力性に富んでおり、重力、病、怪我、トラウマ、ストレスなどに敏感に反応します。こういった要因が毎日積み重なることで身体全体にアンバランスが生じてしまうのです。アンバランスにより結合組織は縮んだり、太くなったり、水分を失ってしまい関節や筋肉の機能を損ねてしまうのです。これが慢性痛の始まりとも言えます。ロルフィングは、この縮んだり、太くなったり、水分を失ってしまった組織に手をあてがうことで失った機能を回復させます。

どのような人がロルフィングを受けているの?

ロルフィングを受けに来る方の動機は様々です。慢性痛に悩まされている方・手術を避けるため・術後の傷口、回復を早めるため・姿勢を良くしたい方・身体を柔らかくしたい方など。 また野球・サッカーなどのスポーツ選手、ダンサー、ヨガ、ピラティスをしている方もパフォーマンス向上を目的に来られています。

なぜ10回も受けないといけないのですか?

例えば、禁煙することを考えてみて下さい。何十年もかけて吸ってきた煙草をたった1日止めたからといって何か改善しますか?本当に身体に良い変化をもたらすには長期間続ける必要があります。

絶対10回受けると最初に約束しないといけないの?

いいえ。最初のセッションを受けて頂いて、ご自分に合うか合わないかを確かめてみてください。無理に次回の予約を取らせたりは決して致しませんのでご心配なく。

他の施術や治療と一緒に受けていいの?

大丈夫です。ただ他の施術の方にロルフィングを受けているとお伝えして頂けるといいでしょう。

マッサージとは何が違うの?

ロルフィングが目指す目的とマッサージが目指す目的は違います。多くのマッサージは、リラクゼーションになりますが、ロルフィングは姿勢を改善し、さらに効果を持続しやすくするために身体感覚に語りかけながら動作教育を行います。

プロのアスリートもロルフィングを受けているってホント?

アメリカでは多くのプロスポーツ選手や有名人がロルフィングを受けています。日本ではまだあまり知られていないですが、一部のプロ野球選手が受けていたり、芸能人の方も受けているようです。

ダンサーやパフォーマーにも有効なのですか?

音楽家、ダンサー、俳優、歌手の方にもオススメです。筋膜にはたくさんの感覚器があるので、施術により身体の感覚、使い方が良くなっていくのが実感できます。

子供でも受けていいの?

もちろんです。ロルフィングは、子供の成長痛・側弯症・姿勢不良・脚長差の問題などにもお役に立てます。

セッションの間隔はどれくらい空けるの?

1週間に1回が理想です。 もし期間を空けるとするなら、3回目のセッション、もしくは7回目のセッションの後であれば期間をおいてもいいと私は考えています。

心理的なものに効果もあるの?

ロルフィングは心理セラピーではないので基本的には身体の変化しか扱いません。しかし、ロルフィングを受けていく過程で姿勢が変わり、クライアントの方の気持ちが明るくなったり、自信がついたりと副産物として心理面に影響することはあると考えます。

どこで、どのようにロルフィングを学んできたの?

ロルファー™はアメリカ・コロラド州ボルダーにあるthe Rolf Institute of Structural Integrationという学校でトレーニングを受けます。トレーニングプログラムは約2年あり、認定後も卒後プログラムのような形でセミナーなどを受けることが求められています。解剖学、生理学、運動学などの人の基本となる分野もトレーニングではカバーされています。

誰が公認ロルファーかどうやって調べるの?

日本ロルフィング協会に公認ロルファーのメンバーが記載されています。日本で活動しているロルファーはこのHPに必ず載っています。

このページのTOPへ戻る▲