Home > マッサージとの違い

ロルフィングとマッサージの違いって?

ロルフィングは、筋肉ではなく筋膜へ主にアプローチします

imge
画像クリックで拡大
imge
画像クリックで拡大

一般的なマッサージは筋肉を揉んだりすることで身体を緩めようとします。まずこの時点で、ロルフィングとは大きく異なります。ロルフィングは、筋肉ではなく筋膜(右写真)へ主にアプローチします。筋膜とは筋肉の周りを覆っている組織のことです。わかりやすく言いますと、服のようなものです。例えば、サイズの小さな服を着ていると動きにくいですよね?またマッサージを受けに来る多くの方が、凝っているところや痛い場所のみを揉んでもらおうとします。そしてマッサージを受けて数日すると、また同じ場所の凝りや痛みが戻ってきます。それはクライアント(患者)側にも問題があります。つまり受け身であることが問題で、マッサージを受けた後の身体の変化に気づいてあげようという意識がないのです。
ロルフィングは、筋膜などの結合組織を施術することによって得られる新たな身体感覚を介した動作教育でもあるので、改善した姿勢を長期間維持しやすくなります。施術を通して得た新しい感覚を普段の生活や競技などに活かすことで悪い癖を自己修正しやすくなります。その新しい感覚は、凝っている場所や痛い場所だけでなく全身のバランスを考えて筋膜の歪みや縮みを解消することによって得やすくなります。ですので、我々ロルファー™は硬い場所や痛い場所だけに焦点を当てた施術はしないのです。

さらにロルフィングは全身の筋膜の歪みを解消することで怪我の回復を早めることも期待できます。自然治癒力を高めることで医学では原因不明な不定愁訴からの解放にもお役に立てます。
ロルフィングは基本的に10回の施術から構成されています。ロルファー™はこのレシピに沿ってクライアントの姿勢をよりバランスのとれた状態へと導いていきます。

ロルフィングで期待できる主な効果
・慢性痛からの解放 ・姿勢改善 ・身体バランスの向上 ・柔軟性の向上 ・楽に歩ける ・身体感覚の向上
・パフォーマンス、表現力の向上 ・疲労回復 ・怪我、事故・術後からの回復

space

このページのTOPへ戻る▲